小説

小説

母性 湊かなえ

湊かなえさんの『母性』を読みました。 湊かなえさんの作品は久しぶりに読みましたが、やはりこの独白を主軸にストーリーが紡がれていくスタイルは一気に不気味な世界観に引き込まれますね。
小説

燕は戻ってこない 桐野夏生

桐野夏生さんの『燕は戻ってこない』を読みました。 代理母出産を題材にした長編小説。しかし、その裏に様々なテーマが見えてきます。 子どもを授かれない夫婦に金銭を受け取って卵子や子宮を
小説

おいしいごはんが食べられますように 高瀬隼子

第167回芥川賞受賞作、高瀬隼子さんの『おいしいごはんが食べられますように』を読みました。 弱い人は守られて当然という昨今の世の流れ。 そんな現代社会に潜む不穏な職場の人間関係を描
小説

さがしもの 角田光代

角田光代さんの『さがしもの』を読みました。 本にまつわる素敵なお話が詰まった短編集。 ーあの頃の気持ちをふっと思い出すー 誰が読んでも1つはこの本のなかにそんな物語を見つけるのではな
小説

彼女の家計簿 原田ひ香

原田ひ香さんの『彼女の家計簿』を読みました。 時代を越えた女性たちの苦労を背負いながらも自らの足で必死に生きる姿がそこにはありました。 非常に面白かったです。 内容(「BOOK」
小説

そのマンション、終の住処でいいですか? 原田ひ香

原田ひ香さんの『そのマンション、終の住処でいいですか?』を読みました。 タイトルから最近よく目にする、終活みたいなのをテーマにしたお話かなと思いましたが、それとはちょっと違いました。
小説

アレグリアとは仕事はできない 津村記久子

ひとりのOLのコピー機との戦い。 こんなテーマで小説を書けるのは、やはり津村さんしかいないと思う。 津村記久子さんの『アレグリアとは仕事はできない』が最高におもしろかった。
小説

リボルバー 原田マハ

親友か、ライバルか、それとも同志か。 同じ時代に同じ夢を追った、ゴッホとゴーギャンの関係にスポットを当てたこの作品。 原田マハさんの『リボルバー』を読みました。 狂気の天才画
小説

本心 平野啓一郎

平野啓一郎さんの作品はどれも読みごたえがあり、ストーリーもおもしろい。でも、一言で感想を述べよと言われるととても難しい。一つの作品にいろんなテーマが転がっていて、深く追求しなければ導き出せない答えが水
小説

おもかげ 浅田次郎

浅田次郎さんの『おもかげ』を読了。 ずっと蓋をしてきた自分の満たされない想いが死を目前にして溢れだす。 過酷な道ながらも、ひたすら前を向き歩んできたひとりの男の人生がそこに
Instagramやっています
タイトルとURLをコピーしました