暮らし

家事がとことんラクになる 暮らしやすい家づくり 本多さおり

本多さおりさんの新刊が発売しました。
『家事がとことんラクになる 暮らしやすい家づくり』です。

以前、出産時には本多さんの『赤ちゃんと暮らす』を参考にし、現在も何かと赤ちゃんとの生活に役立っています。

本多さんは賃貸の手狭の家でも上手に自分の城にしてしまう、庶民派賃貸暮らしの神のような存在。

そんな本多さんがどうやらマイホームを購入したらしい。びっくりしながらも一体どんな家にしたのか気になり、ワクワクした気持ちで中身を拝見。ものすごい豪邸だったらなんかショックかも、、と思いつつ覗いてみると、、、納得。

本多さんが選んだマイホームは中古マンションをリノベーションするという形でした。そして、以前と変わらず「小さい暮らし」と「家事のしやすさ」に重きを置いていて、とても機能的かつ温かな家でした。

本書には物件選びからリノベ会社選びまでの工程や家事導線を研究しつくした上での間取りプランも披露されており、これからマイホームをどうしようか考えている人にとってとても参考になります。自分の生活スタイルに合わせた家をつくりたいと夢見ながらも、注文住宅には手が届かないという私のような人間には「中古マンションリノベ」は持って来いの選択かもと思いました。

家をぐるり一周でき作業効率が高い導線やマンションにありがちな長い廊下を作らない間取りは感心もの。こんな家に住んでみたい、自分にとってベストな間取りを研究してみたいとワクワクしてしまう本でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました