エッセイ 登山と旅

一歩ずつの山歩き入門 四角友里

今回ご紹介するのはこちら。 四角友里さんの『一歩ずつの山歩き入門』です。

ちょうど山ガールという言葉が出始めたころに、もれなく私も山に興味を持ち始めたわけですが、そのときにウェアや道具などいろいろと参考にさせてもらったのが”山スカート”の火付け役でもある四角友里さんです。

四角友里さんの山の楽しみ方が好き

四角さんの肩書きは“アウトドアスタイル・クリエイター”であり、いわゆる登山家ではありません。今では全国各地いろんな山を縦走しているような四角さんではありますが、本人曰く、もともとは極度の運動音痴であり、登山に対するハードルは相当高かったようです。そんな四角さんは「自然のなかへ行ってみたい」という気持ち一心で、自分なりの工夫を重ね、少しずつ山との距離を縮めていきました。なので、四角さんの登山の目的はあくまで“山を楽しむ”ということ。頂上までいけなくても全然OK。“気合と根性”のような登山スタイルとはかけ離れています。自分に見合った山を見つけて、楽しく快適に過ごす、そのような登山スタイルを提案してくれる人です。

山ガールのバイブル!?

ウェアや道具の選び方を写真やかわいいイラストで丁寧に解説してくれています。四角さんの山ファッションはとてもかわいくて、普段着としても取り入れたいものばかりです。 しかし、決してオシャレ先行ではなく、どれも山への敬意を込めたもの。安全面、快適面を注視しているため、非常に参考になるのです。 また、山でのメイクやトイレ事情など、女性ならではの悩みの解決策も書かれており、これらの事情で少し登山を躊躇している方がいるとしたら、これを読めば登山へのハードルもだいぶ下がるのではないでしょうか。

失敗談こそが一番知りたい話

これは、山登りのプロから学ぶ教科書ではありません。「永遠の初心者」である私の失敗談、葛藤や悩みとどう向き合ってきたかを通じて、あなたらしい山歩きを「考える」きっかけになればと願っています。(P9)

これから何かをはじめるとき、参考になるのは他人の成功談ではなく、失敗談です。山登りは準備や対策を怠れば命を落としかねない危険な娯楽です。しかし、経験が少なければ、どういうトラブルが起こるのかも予想がつかず、それに伴う準備ができていないかもしれません。だから、私の場合は登山を始めるにあたって、等身大のこの本が大変参考になりました。女子の山道具リストも載っており、登山に慣れてきた今でも、準備をするときには必ずこの本でチェックしています。

少しでも山に興味のある人はぜひこの本を手にとってみてください。きっと登山がもう少し身近なイベントになるはずです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました