育児と絵本

よくきたね 文・松野正子/絵・鎌田暢子

10か月の娘に新しくこちらを購入。

福音館書店の「0.1.2.えほん」シリーズです。

とてもやさしいタッチの絵に惹きつけられました。

構成はとてもシンプルです。

「おいでおいで」と母が呼び掛け、擦り寄る我が子を「よくきたね」と抱きしめる。単純ですが、この触れ合いに母から子への愛情表現のすべて詰まっている気がします。動物の親子の表情もすごく温かくほっこりします。

絵は最近の赤ちゃんの本によくある色彩がはっきりしたものではありません。インパクトが弱いかな?と心配しましたが、娘はじっと絵を見て笑ってくれました。

ページは厚みがあるので、赤ちゃんも自分でめくって遊べます。薄いページのものはすぐに破ってしまうので、丈夫な絵本が助かります。これは表紙もラミネート加工されているので汚れにくい点もいいです。

お母さんの心も癒されます。プレゼントにもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました